スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
この時代を生きるとは? お勧めの本 1
2008 / 05 / 31 ( Sat )
スピリチュアルに目覚めてからというもの、たくさんの本を読んできました。
読書遍歴は、私の意識の進化の歴史といってもいいかもしれません。
スピ入門編としては江原さんなどありますが、越智啓子先生やリズ・ブルボー、ルイーズ・L・ヘイなどは感情の解放をの理解に役立ち今でもなんども読み返しています。
サネヤロウマンの本は、高次元の愛に満ちた深いメッセージにあふれ、なんども私を励ましてくれています。

さてスピリチュアルを深めていくと、アセンションとはなんぞや?という疑問にぶつかりまして、関連の本をいくつか読んでみました。
アセンション系の本はチャネリング系のメッセージが多く、難解なものも多数ありました。
その中でも最近読み終わった『アセンションの時代』は難解なのですが、3次元的な私たちに理解しやすい言葉(いや、やっぱり難しい?)で表現されているように思えてお勧めです。

この本を知ったのは船井幸雄さんがきっかけでした。
船井さんはアセンションの知るための情報として小松英星さんというかたのHPを紹介していました。
(小松英星で検索してみてください)
そのHPの情報は膨大で、(少々読みづらく)すべてを把握するまでには至りませんでした。
しかし私の印象として小松さんは極めて現実的な方だと感じました。
スピリチュアルにのめり込んだちょっといっちゃってるって感じがまったくありません。
船井さんが勧めるのもわかるような気がします。頭の固い?(失礼!)男性陣にも受け入れてもらえそうな印象です。
逆にいえば感覚派の女性には難解かもしれませんが・・・。
実際彼のファンは男性の方が多いかもしれませんね。

一昨年小松さんが解説に関わっているアセンション系の本が出版されました。
それが『アセンションの時代』です。
これはバーバラ・マーシニアックというチャネラーが受け取ったプレアデスからのチャネリングメッセージです。
宮崎では立ち読みできそうになかったので、取り寄せようか迷ってました。
月日がながれ昨年立ち寄った本屋でこの本に出会いました。そして購入。
しかし膨大な量に圧倒されてしまいました。
ある程度読んでは休み、また時々思い出しては読み進めていきました。
そして最近また読まねば!という気になり一気に読み終えました。
ふ~~~っ、長かったぁ・・・。
そして・・・・感動です!というか確信かな?

この本に書いていあることは私がこれまで出会ってきた情報や出来事と一致しているように思います。
そしてアセンションとはなんぞや?と思っている方にはかなりお勧めの本だと思います。
かなり難解ですががんばって読み込んでみれば、(ん~かなり難しいかもしれないけど)今自分たちに何が起こっているのかがわかっていただけるのではないかな~と思いました。
この本の内容を理解するにはかなり既成概念をはずして読まなくてはなりませんが、頭を柔らかくしてとにかく受け入れてみれば、きっとなにか心に響くものがあるはずです。

日々のニュースでみる今の私達の世界は不安と恐怖にあふれてます。
誰もがこの先どうなるのだろうと不安に駆られることだと思います。
では私たちはこの先どうすればいいのでしょうか?
そのヒントが、そして人類の偉大なる秘密がこの本に書かれています。

一人でも多くの人が、自分の本来の力に目覚めるために。
エンパワーメント!
この本は一読の価値があると思います。

アセンションの時代  迷走する地球人へのプレアデスの智慧
バーバラ・マーシニアック 著
紫上はとる+室岡まさる 訳
小松英星 解説
風雲舎 2000円

アマゾンで探してみてくださいね♪
スポンサーサイト
09 : 57 : 07 | ひとりごと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。